何かに躓いても、自分自身を奮い立たせる力を持つということの大切さ

私は最近、何かに躓いても、自分王類経たせる力を持つということの大切さを実感しています。私の家族の事になりますが、うつ病を患ってずっと起きられず、生きる価値がない、自殺したい、と思うようになってしまった弟がいます。その弟は昔はそんなことがなくて、どうしてしまったものかな、と思っているのですが、やっぱり一番大事なのは自分のことをどれだけ自分で好きになれるか、ということだと思います。私の弟はとてもプライドが高いです。そのプライドが高すぎて、自分がそのプライドについていけなくて挫折してしまっている、という悪循環になっていて、負のスパイラルが続いているような感じですね。これを挽回するには今以上に時間がかかりますし、薬を飲んだとしても自分の心が変わらなければ絶対に元通りにはならないと思います。自分で自分をきちんと管理する、という、根本的な基礎が成り立っていないと、どんどん流されてしまうので、其のあたりはしっかりとしてもらいたいなと考えています。http://www.fxanimation.co/

外で会うお子さんは、むずがっている人にめぐりあいません

お買いものに行ってきました。いつものことながら、凄まじい混雑ぶりでした。必ず、外国の人には遭遇しますね。よく知っていると思います。同じつながりのお店でも、繁盛店とそうでないところがあるようです。やはり、駐車場が管理されているところのほうが流行っています。
レジも4人は待ちました。皆さん、かごにいっぱいの食材を買っていました。カップルが多かったです。おしゃレをして、御夫婦でおかいもに来るというのがある意味、今の若い人のたのしみなのかもしれませんね。
それにしても、頑として出かけませんね。家がとてもいいようです。母親にとってはです。外に出たほうがいいのです。子供もすっきりとして、気持ちよさそうに、むずがっているお子さんなどいないのです。泣いているところも見かけませんね。相当に嬉しいのだと思います。
お子さんが小学生になると、とても大胆な遊びをしてみたりもします。遊園地のように銭湯を利用していました。

こんなことが実現するのだろうかとちょっと笑ってしまった

ネットのある記事に書いてあったが、中国のLCCが立ち席を導入することに再び意欲を持っているとのこと。
記事を読んでいると、その立ち席のイメージが書かれていたが、これがまるで遊園地のジェットコースターの様な感じのシートで笑ってしまった。
まあ、どれだけ一度に運べる定員を増やせるかが料金を下げるのに貢献するかは分かるがこれはやりすぎだと思う。中国のネットユーザーからは、「1~2時間くらいなら大丈夫かも」などという書き込みもあったようだが、まるで朝の通勤の感覚ではないか。今後認可が下りるかどうか見守りたい。
さて、私もこれ程でもないが20年ほど昔に面白い経験をしたことがある。それはあるカリブ海の国へ行った時のことだが、どうしてもその日に出国したくて空港でキャンセル待ちで待っていたところ乗れることになり座席に座っていると、その席を予約していた客が現れたのか私はその席を明け渡さなければいけなくなり代わりにCAさんたちが離発着時に座るジャンプシートに座ることになった。僅か2時間くらいのフライトなのでまあいいかと思い座っていたが、リクラインはしないし、他の乗客と向かい合わせに座っていたのでどうも居心地は良くはなかったことを覚えている。まあ面白い体験だったが。おそらく今ではこのようなことは安全上まずできないだろうと思う。

消したい思い出と人間関係もある。元恋人に対しての、男女差

今日、ある友人と久々に会いました。
趣味の音楽関係の知り合いで、一時期一緒に歌ったりしていました。その経由で、元彼と知り合ったわけですが、やっと別れて一年以上経ちました。
そのグループには音沙汰なく、全く連絡を取らないようにしているのですが、友人から『元彼が心配している。今度ご飯でも行こう。』と言ってくれました。
正直、余計なお世話です。私が元気なことも、元彼には伝えてほしくありません。結構ひどい別れ方で、向こうから荷物を送りつけ、そのまま音信不通になったというのに、私の誕生日やお正月に急に電話をしてきたり、その友人に連絡を取り次いてもらおうとしたり、よくできるなと思います。こちらの気持ちが冷める前に、なんとかならなかったのだから、キッパリ縁を切ったらいいのに、と思ってしまいます。こうなると、友人にも会わなきゃよかったなぁという気さえ起きてきます。
私としては、仕方のない別れでなければ、終わったことなのだから蒸し返してほしくないのですが、男性側は違う考えなんですかね。謎です。

久しぶりの遊園地に行ってエンジョイしてきました!

かなりお久しぶりに遊園地に行ってきました!
わたし自身行くのは本当10年ぶりくらいで、子供にとっては初めてでしたが、楽しそうに乗っていてこっちまで嬉しくなりました。
まだ小さいから記憶には残らないんだろうけど、たくさん写真も撮っていい笑顔がたくさん撮れたので良かったです。
まぁ、まだ小さいのでジェットコースターとかは無理でメリーゴーランドとかコーヒーカップトアメインでしたけど、それでも楽しそうにしていたので大満足!!
わたしは絶叫系が苦手なんですけど、行ったメンバーが全員無理で一人だけ、そういうのが大好きな人がいて。
でも、1人じゃ嫌!ってなったので、誰かが付き合う!という事になったんですが、みんな無理…。
私も無理だけど子供の面倒もたくさん見てくれてるので、そこは空気を察して乗る事に…。
もう発車前が一番心臓バクバクでヤバかったですけど、終わってみると爽快!
めちゃくちゃ楽しくストレス発散する事が出来ました。
いい思い出になって良かったです。

「わろてんか」124話と世界ネコ歩きの感想をつぶやいてみる

わろてんか124話

今日、わろてんかの撮影がクランクアップしたというニュースをネットで見ました。 おてんちゃん、本当にお疲れ様でした。
亀さんの紳士服姿、やっぱカッコええわあ♪
何気につばきさんのばあやが重要キャラになる? あの絶縁状が愛の炎を再燃させちゃったのね。 隼也と楓さんが食べてたお菓子ってちくわに見えたけどなんじゃろか? つばきさんの部屋のドレッサーにおいてある電灯がかわいいなあ。
リリコアンドシローは上海へ行くのかあ。 そしてリリコは戻ってこないという筋書きかな? 

ネコ歩き

冒頭の場面は大きなあくび。 どの子も気持ちよさそうなあくびだよね。
ベルギーの猫ちゃん。 ママだけ猫用ドアから家に入って行って、5人の子猫に訓練をさせています。 頑張って入ろうとする子たち、くっそかわいい! 一人だけガン無視で寝てる子も可愛い! 5人ともキトンブルーの瞳でこれまたかわいい!

今日の猫識はシルエット撮影は一苦労。 そのとおりですね! 太陽と猫の動きの両方を合わせるように映さないといけないし。 シルエットだとボディーラインがくっきり映るし、一瞬だけ輪郭が白くなる瞬間も美しいですね。
津軽の猫ちゃんもくっそかわいい! 何度も岩合さんが訪れているんですね。 ママさん、授乳シーンも撮影させてくれるんだね。 リンゴがいっぱい落ちてる。 あれは売り物にならないんだよね、リンゴジュースになるのかな? 猫ちゃんにとってはおもちゃだけど。

おしまい!

東海地方で、美味しいスイーツが楽しめる、お店

東海地方で、美味しいスイーツが楽しめるお店を紹介します。
愛知県豊田市にある、日本一たい焼き、というお店は、たい焼きの美味しいお店です。
たい焼きメニューは、カスタードや、白あん、小豆あんなどがあり、どれも、160円ぐらいだったと思います。
小豆あんのたい焼きは、餡がたっぷり生地に入っており、食べごたえがあり、程よい甘みの餡の旨みと、外皮の
サクサクした食感が良く、美味しかったです。あと、白あんのたい焼きは、小豆あんのたい焼きと比べ、あっさり
した味わいで、そちらも、美味しかったです。
愛知県、天白区にある、両口屋是清、というお店は、和菓子の美味しいお店です。
店内は、和の落ち着いた雰囲気があり、イートインもできるお店です。
おときき山(6個入り、430円ぐらいだったと思います。)は、旨みがある、皮の中に、程よい甘みの白あんが
たっぷり入っており、美味しかったです。
あと、旅まくら(10個入り、500円ぐらいだったと思います。)は、薄皮に、ゴマが練り込まれており、
風味のある、皮の中には、こしあんが入っており、こしあんの程よい甘みと、皮の旨みが、うまくマッチして美味しかったです。

京都で、オススメのお店を紹介したいと思います。

京都で、オススメのお店を紹介したいと思います。
京都市上京区にある、麩嘉というお店は、生麩などを販売する麩のお店です。
こちらのお店では、麩を使用した、まんじゅうが美味しいです。
麩まんじゅう(220円ほどだったと思います。)は、こしあんを青のりを練り込んだ生麩で
包まれて提供されており、さらに、笹の葉で包まれており、生麩のもっちりした食感と、
笹の葉の風味が楽しめる、美味しいまんじゅうでした。また、生麩なども販売されており、
お土産としてもオススメだと思います。
京都市上京区にある、ふたば出町というお店は、和菓子のお店で、豆餅の美味しいお店です。
名代豆餅(170円ほどだったと思います。)は、餅生地に、程よい塩味が効いており、
餅生地の中の、こしあんは、程よい甘みで、こしあんの甘みと、餅生地の程よい塩味がうまくマッチした
美味しい一品でした。そのほかにも、田舎大福(180円ほどだったと思います。)も、程よい甘みで、
美味しかったです。ucsカード マイル

何でも少しずつ焦らずにが難しいです。本当大変。

私は数ヵ月前は毎日の家事も仕事も遊びも全部思い通りにいっていました。ここ最近は少しでも動くと体と頭が疲れてしまって大変です。精神病になってしまって毎日の普通に出来ていた事が難しくなりました。人と会うのも億劫になってきて全てにおいて失ってしまったなという感じで本当に辛い日々を送っていました。リハビリで毎日少しずつの日常の生活での家事や運動をして毎日普通に暮らせるように頑張っています。特に家事は普段通りにしていたので出来ないのは歯痒い気持ちでした。仕事も前よりぐんと少ない量をお願いして頑張っています。頑張りすぎるとすぐに体に出てしまうので気を付けています。今までは人の分まで仕事をしたり家事も遊びも全力で楽しんでいたので今は自分の調節の仕方を学んでいるんだなと思って毎日を過ごしています。家事は嫌になるのが早くて今まで家事は自分の事のように出来ていたので凄くショックが大きいです。旦那さんにもリハビリを手伝ってもらって今は大分落ち着いています。

10月はピンクリボン月間 このアイテムに注目!

10月1日からはじまっているピンクリボン月間。
10月いっぱいは東京タワーがピンクになったり、協賛企業からグッズが発売されたりしています。
そして、ピンクリボンフェスティバルで売られていたグッズがあるサイトで売られています。

それが朝日新聞SHOP。
ポストペットの妹、ピンク色のくまがピンクリボンフェスティバルを盛り上げたそうで、フェスティバルに参加しなかった人もグッズを買うことができます。

グッズセットは3000円で、単品販売ではなくてセット販売。ポストペットのモモ妹がイラストになっていて、トートバッグ、バッジ2種、ミニタオル、リュックトートがあります。中でもかわいいのがトートバッグ。
お弁当が入るくらいのサイズのマチのあるトートバッグには、モモ妹とリボンが描かれています。
お財布とお弁当くらいが入るちょっとしたサイズは、持っていると注目されそう。

単品でトートバッグだけで売っていないのがデメリットではありますが、セットで3000円。寄付したと思えば高すぎる値段ではないような気がします。